海外旅行・留学準備|まるわかりナビ《持ち物・注意点・保険》

変換プラグについて

日本で使っている電化製品を海外旅行先でも使う場合、2つの条件があります。
まずは、電圧が同じであること。
日本の電圧は100ボルトで、海外では220ボルトというところもおいので、このギャップを解消しなければなりません。
そのギャップを解消するのが変圧器です。

 

変圧器によって、電圧の問題は解決できたとしても、もう1つ問題となるのがプラグの形状です。
日本の電化製品のプラグ形状というのは、2ピンで平たく、穴が開いている形状となっております。
世界でこのプラグ形状を採用しているところは皆無です。
いくら電圧が同じ国であっても、プラグ形状が異なる国の場合、そのままでは電化製品を使うことはできません。

 

そんなときに必要となるのが、変換プラグです。
日本のプラグの上に、この変換プラグをかぶせます。
変換プラグをかぶせれば、それで海外のコンセントに差し込むことが可能となります。
海外の国には、様々な形状のプラグがあり、仮に世界一周旅行をする場合には、それに対応する変換プラグを持っていかなければなりません。
最近では、組立することで様々な国のプラグ形状に対応できる、そんなロボットのような変換プラグがあります。
これが1つあれば、コンパクトな荷物で多くのプラグに対応可能です。

海外旅行・留学の前に